スポンサーサイト

  • 2016.04.04 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


こだわりこそ全て

こだわりこそ全てですね。一流の仕事には一流の魂が宿る。

だけど、形に囚われるのはいけません。
結果こそ全てです。こうやってるから美味しいもいいし、こうやらなくても美味しい。

形骸化したものに何の意味もありません。僕らはご先祖さまが遺してくれた素晴らしいものを受け入れながらもさらに後世に素晴らしいものを残していく義務がある。

だから勉強させて頂き、さらに開発。この無限のループを忘れてはいけない。

やっぱりこうしてブログをやってると批判的な意見頂きますね。ただ人を批判する暇があるのなら、あなたはあなたで素晴らしい人生を送ってください。

僕は僕なりに一生懸命やるしかないと思ってるんで。こんなブログでも読んでくれる方の為だけに書いているので。

励みになるコメント頂ける方本当にありがとうございます。お互い楽しく頑張って行きましょう!

新カフェ準備

今、新店舗の準備をしています。簡単なものしか出さない予定ですが、なかなか色々難しいですね。
備品、メニュー、オペレーション、いかに個性を出すかなど迷いはつきません。まあ、そこに面白さもあるのですが。
店プロデュースは楽しいけど、言うほど楽ではないですね。
とりあえずがんばります(^o^)

今日も歌志軒笑



やっぱり美味しいです。平日でも満席です。
ここ無しでは考えられません。
ありがとう。歌志軒笑

ガスト

最近ガスト美味しいんです。気づけばこんな時間笑。

コンビニのおいしいもの。

ファミマのパンです。これうまかった。

僕の大好き「歌志軒」

いつもお世話になってます。大好きなんです。これ。これをおいしくないなんて言う人モグリです。若干麺が柔らかめだな。今日は。
ま、いいです。おいしいんで笑

おいしいもの

 おいしいと言われれば嬉しいですね。

料理の醍醐味はそこにあるのかなとは思います。

それが大事。

自分のためには限界があって、人のためには限界がない。

そんなことをふと思いました。

お久しぶりです。

 お久しぶりです。またすこしずつ更新して行こうかなとは思いますので、よろしくお願いしますかお

理想と現実

今日シェシバタの柴田さんの本を読んで思ったことがありました。

柴田さんはオープンして売れそうなものを出そうかどうか悩んだそうです。

でも、柴田さんは柴田さんらしさにこだわり自分らしさのでるものをあえて出すことにしたそうです。

それが今の柴田さんというスタイルを作り出せている。

すばらしい。

かなり厳しい人だそうですが、僕は柴田さんすごく尊敬しています。

俺のフレンチtable taku■番外編 東京

今回は東京遠征です。

 「ああ、うまい。うまいさ」

正直、そんな感想です。

それしかないような、そんな感想です。

あのね、うまいものはうまいんですよ。


もうやだ。と言いたくなるくらい。


上には上がいることを改めて痛感するくらいうまかったです。


ご存知ですか?「俺の〜」シリーズ。


東京でブックオフの創業者が始められた飲食ビジネスです。

ミシェランの星がつくようなお店に働いていた選りすぐりのシェフを集めて、
激安な値段で提供し、立ち食いオンリーにして回転率で稼ごうという。究極の薄利多売システム。

お寿司が昔ファーストフードで立ち食いだったようなものですね。


あの、内容は結構あいまいなんですが、「うずらのパイ包み」とか1500円前後で普通に食べられます。料理は一品一品がボリューム満点。前菜扱いのものですら。


ワイン飲んで腹いっぱいたべて二人で3000円前後(飲み屋か!!w)というほど最強です。

しかもtable takuはジャズの生演奏つきでした。これは別途強制的に300円取られるんで、最初うわいらんとか思いましたが、酒も入ってなんかジャズバーに来てる感じのノリで非常に楽しめました。

多少並びます。が、たいしたことはないです。ま、行ったの平日の7時ごろだったのですが、並んでました。

たぶん40分くらいかな。並んだの。

並ぶのイヤで帰るお客さんもちらほらいましたが、もったいない。

並ぶ価値ありです。

はっきりいってせっかちは損です。2時間待ちとかならありえないのかもしれませんが、3、40分くらいは待ってもいいと思います。

あの感動は食べたものにしかわかりません。普通のレストラン行ったらたぶん4倍くらいの値段払う価値があるものばかりです。

前菜も何もかもボリュームがあります。なめたらいけません。
僕は名古屋なのでいけなくて残念ですが、おそらく東京に住んでいたら足しげく通うことでしょう。

俺の割烹、俺のイタリアン など他にもシリーズあるのですが、次回行って制覇したいです。



Check

categories
    
過去の内容です
           
archives
others
mobile
qrcode
                
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM