<< 行動することに意味がある | main | お米について2 >>

スポンサーサイト

  • 2018.02.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


胚芽精米

 ボクの主食は胚芽精米です。

白米ってほとんど栄養素がないって知っていますか?

玄米のぬか層を取り除いて白米にすることを「とう精(または精米)といいます。
つき方によって、玄米、半つき米、七分つき米、精白米の区別があります。
消化吸収率や味では精白米が最も優れていますが、栄養的には外皮や胚芽が残っている
玄米のほうが、たんぱく質、無機質(リン、ビタミンB1、脂質。食物繊維を多く含んでいます。
両方の長所を生かして、精白米に近い状態に精白し胚芽を残したものが、胚芽精米です。

僕はこれを食べています。スーパーでも値段はそんなに変わらないですし、味も棒は白米よりもすこし味気があって好きです。

ほんとは玄米が一番栄養価が高いのですが、吸水に時間がかかりすぎる(6時間から10時間)のでやめてます。圧力鍋があればすぐ炊けますけど、そのためだけに買うのも合理的でないと
思うので、胚芽精米にしてます。味も好きって人もいますが、イマイチみたいですしね。

僕の今の食事は胚芽精米、梅干、納豆、卵、わかめの味噌汁です。これを毎日食べてます。
たぶん一人暮らしの人にはこれだけでかなり栄養バランスが摂れると思います。

まあ、こんな感じで。今日は。

それでは。


スポンサーサイト

  • 2018.02.01 Thursday
  • -
  • 22:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
categories
    
過去の内容です
           
archives
others
mobile
qrcode
                
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM