<< シェ・シバタ | main | 自信を持つということ >>

スポンサーサイト

  • 2018.02.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


一芸に通じるものは多芸に通ず

 料理の世界から離れてはや半年。

いろいろ思うところがあります。

そういえば、もう半年なんですね。

と思います。

飲食店ってひどく楽しい。

飲食も楽しかったけど、

今はこの世をもっと満喫したい。

大事なものを守りながら、そして攻めたい。

そのためにはビジネスを起こし成功したい。

そして

すべてを包み込んであげられるだけの器量が欲しい。


プロドラマーになりたくて、アートに興味を持って、インテリアも教えてもらって、
今は商売はおもしろい。

まだまだこの世はおもしろいことがあるのだろう。

人生はアート

生き様はアート。

物事なんてしたいと思えば、できると思う。

できない理由はいっぱいあるけど、それを抱えながらできる方法だっていっぱいある。

ごめんなさい。なんか吐き出したくなって書きました。



こないだは星ヶ丘の高島屋のケーニヒスクローネの稚拙なケーキにがっかりしながら
(場所の高級感とおかわり無料のコーヒーは普通においしかったけど、ケーキはありえん)

そして、ジオットォのシュークリームやケーキのデコに感激して帰ってきました。

飾り付けがすばらしかった。

こないだ行ったサダハルアオキの次くらいに。サダハルアオキは高いけどデコレーション

めちゃくちゃかっこいいですよ。

高いけどw




スポンサーサイト

  • 2018.02.01 Thursday
  • -
  • 02:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック