<< 一芸に通じるものは多芸に通ず | main | トシ・ヨロイズカ >>

スポンサーサイト

  • 2016.04.04 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


自信を持つということ

仕事を一生懸命すること。


仕事を一生懸命することって素敵なことだと思う。
そして死にもの狂いで勉強すること。

人の百杯勉強して、人の百杯努力する。

そして、できるから好きになる。


人は好きになるという感情を気にしすぎる傾向がある。

人はできるから好きになるという方が強い。


そしてそのために大事なことは何か?


それはすべてにおいて一生懸命に努力すること。


真摯な態度。


研究。


何でも一生懸命やれば好きになる。


好きになれば一生懸命になれる。


それは本田静六先生に学んだ。



これは真理だ。



いつからでもいい。


なんにでも手を抜かない姿勢を持つことだ。


そうすれば何でも好きになれる。


そして薄っぺらい感覚に囚われることもなくなる。



好きなことが見つからないという子へ



目の前のすべてを一生懸命にやってみろってこと。

それは字を綺麗に書くこと

整理整頓を徹底的にやること。



なんでもいい。一生懸命やれ。


できるようになるから、さらにおもしろくなる。

一つのことができるようになれば、いろんなことができるようになるし、自信にもなる。


そういう態度を仕事に費やすことによって、先生のおっしゃった。


「職業の道楽化」に結びつくのだ。


この世にはつまんないことなんて何一つない。


一生懸命生きる


それが一番楽しい。


趣味だろうが、掃除だろうが、極めろ。

一芸は多芸に通ず。


徹底的にやるのだ。


そうすれば人生に無限の世界が広がる。


完全にグルメではないなw.



読んでクレテありがとうございます。


スポンサーサイト

  • 2016.04.04 Monday
  • -
  • 23:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
categories
    
過去の内容です
           
archives
others
mobile
qrcode
                
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM