スポンサーサイト

  • 2016.04.04 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


[銘品のこだわり]フルーツとバターの融合

ラスクといえばでみつけたんで、ラスク続きです。


 創業125年の果物専門店「新宿高野」(東京都新宿区)が、フルーツの甘みとサクサクの食感を楽しめる「フルーツラスク」を発売した。

 溶かしたバターに、フルーツをすりつぶした濃厚なピューレを混ぜ込み、薄切りのフランスパンに塗って焼き上げた。「フルーツとバターの風味を共に生かす配合がカギ」といい、素材選びから試行錯誤を繰り返し、構想から2年以上かけて開発した。

 7枚1セットで、いちごが3枚、マンゴーとメロンが2枚ずつ入っている。それぞれ個別に包装し、食感や風味を長持ちさせている。6月上旬から桃味も仲間入りする予定だ。彩りも鮮やかで、女性に人気が高いという。

 630円。新宿本店のほか、主なデパート内の店舗や、同社ホームページの通販コーナーで買える。問い合わせは新宿高野(0120・15・8818)へ。

(読売新聞)
フルーティ&リッチな無添加フルーツラスク☆4種類12枚入り!贈答用にどうぞ♪【贈答用】Leilaが...

妥協しない絶品ラスク…栃木 障害者施設産品サイトで1位 小山「くわの実」

 栃木県小山市犬塚の多機能型事業所「くわの実」が作るシュガーラスクが、全国の障害者施設で作られた商品を厳選して販売するショッピングサイト「真心絶品」で紹介され、売り上げランキング1位に躍り出た。真心絶品で紹介されたのは県内で初めて。

 真心絶品のサイトは2009年12月、日本財団とNPO法人「日本セルプセンター」が共同で開設。全国の障害者施設で作った食品や生活用品、伝統 工芸品などを、バイヤーらが品質や味などを基準に選び、サイトを通じて販売している。これまでに全国の108施設の130商品が「真心絶品」に認定され、 紹介されている。

 くわの実のシュガーラスクは、さっくりとした食感と香りの良さ、手塗りによるシュガーバターの均一性などが評価されて昨年12月に取り上げられ た。ラスクは1箱650円で、1月14日現在、171箱が売れたという。サイト以外の直売所や道の駅などでは、1袋150円で販売されており、昨年12月 の月間売り上げは3325袋で、前年同期比で約2割増えたという。

 くわの実は02年4月、障害者の授産施設としてオープン。専門店に負けないパンを作ろうと、ドイツ製の石釜を当初から導入するなど設備を整え、技術も磨いてきた。

 現在、17歳から40歳代までの男女54人がおり、この内30人がシュガーラスクを含めたパン作りに携わっている。

 ラスク作りをしている小山市駅東通り、新開淳一さん(26)は「みんなで、おいしいのを作ろうと苦労をしてきたので、選ばれて本当にうれしい。仕事がますます楽しくなった」と喜んでいる。

 星野玲子施設長は「シュガーラスクの元になるイギリスパンがおいしいのと、妥協をしない作業が評価されたと思う。これからも良いものを作っていきたい」と話している。

 同サイトのアドレスはhttp://www.magokoro-zeppin.com/

(2011年1月15日  読売新聞)

すばらしいです。障害者だからと言って何もできないわけではないのです。
ほんとすばらしいなあ。
送料・代引手数料・消費税込み!【お取り寄せ人気スイーツ】ラスク スイーツ ガトーフェスタハ...

特産シジミのうま味たっぷり、味噌煮込みうどん…三重

 

 木曽三川河口域のヤマトシジミを使った「しじみ味噌(みそ)煮込みうどん」が8日、三重県桑名市赤須賀の複合施設「はまぐりプラザ」にある食堂の新メニューとして登場した。

 うま味が増す冷凍シジミから取ったダシと地元産のみそで作ったシジミ汁に、シジミの身と青ネギのかき揚げ、桑名特産のナバナが具材となっている。

(読売新聞)


汽水湖(海水と淡水が混ざり合う湖)で育つ、美味しさのエキスがギュっとつまった大和しじみ!...< /a>

チョコ風味の「ショコラビール」発売

JUGEMテーマ:グルメ

チョコ風味の「ショコラビール」発売

「甘さに酔って」

ろまんちっく村が発売するショコラビール(ろまんちっく村提供)

 2月14日のバレンタインデーを前に、栃木県宇都宮市新里町の市農林公園「ろまんちっく村」は16日から、チョコレートのような風味と色の地ビール「ショコラビール」=写真=を発売する。

 このビールは、同園内のビール醸造所で製造。通常の麦芽に加え、高温で焙煎(ばいせん)した「チョコレートモルト」を使うなどして、カカオのような香りと甘みを楽しめるビールを作り出した。

 2年前からこの時期に発売し、昨年は3500本(1本330ミリ・リットル)を完売。今年は、ミルクチョコレートの色でバナナのような香りがするショコラビールも新たに発売する。

 同園内のほか、同市内の百貨店やJR宇都宮駅構内、インターネットでも販売する。価格は、1本500〜530円。同園の担当者は「大切な人への贈り物にしてもらえれば」と話している。問い合わせは、同園(028・665・8800)。

(2011年1月16日  読売新聞)


サークルKのアップルパイ


おしーなあ。

何がおしーって。

パイはまあまあな感じ。

中はまあ普通でした。

そんな感じだったんで。

山崎のアップルパイもいいけど

今はローソンのが一番ですね

中にうすくカスタードが入っていて
最高です






 


ボジョレーヌーボー

 最近書いてなくてすいません。

今日はボジョレーヌーボーについてでも書きたいと思います。
もうすぐですので。


































ボジョレ・ヌヴォーBeaujolais Nouveau

フランスブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯・ボジョレーで生産されるヌヴォー(プリムールまたは試飲新酒)仕様の赤ワインで ある。したがって、ボージョレの通常の赤ワインとは異なる。試飲酒だけに、通常のワインが出来上がるより早く試飲できなければ意味がないために、ヌ ヴォー(試飲新酒)用のボージョレは、ブドウを収穫したら速やかに醸造してボトルへ詰め、収穫したその年の11月に出荷を済ませる。ヌヴォー(試飲新酒) 仕様で軽い仕上がりの赤ワインである。ボージョレ・ヴィラージュBeaujolais Villages)と呼ばれる、より限定された地域のものにもヌヴォーがあり、こちらには「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌヴォー」というラベルが貼られる。つまり、これらヌヴォーとは、その年に収穫されたブドウ(ガメ種)の出来具合を確認するための試飲酒のことである。そのために、短期間でワインとして完成させなければならず、MC(マセラシオン・カルボニック) 法と呼ばれる急速発酵技術を用いて数週間で醸造される(新酒=通常のワインの出来たての状態、試飲新酒=ヌヴォー)。業者などの毎年大量にワインを購入す る人にとっては、その年の購入量を決めるための指針ともなる。このことから、多くの日本人のようにヌヴォーのみを購入する人々は、本末転倒であるとしてワ インの知識がある人から蔑視されがちであるが、ワインの好みや飲み方は人それぞれであり、明確なルールがあるわけではない。

それぞれの国の現地時間で11月の第3木曜日(=11月15日-21日のうち木曜日に該当する日)の未明の午前0時に一般への販売が解禁される。特に日本は時差の関係から先進国の中で最も早く解禁の時を迎えると言われ、この時のためにワインとしては例外的に空輸される。24時間営業のスーパーマーケットレストランバーなどではイベントも兼ねて当日午前0時になった瞬間に販売を始めるところもある。梱包箱には「○○年11月○○日午前0時以前の販売および消費 厳禁」の文字が書かれている。

このヌヴォーはそもそも当地の農民が収穫を祝ったのが始まりとされる。本格的な輸出が始まったのは1968年である。当初の解禁日は11月15日であったが、1984年か ら11月の第3木曜日に改められた。解禁日が設けられた理由はヌヴォーがよく売れるということで各メーカーがどこよりもいち早くヌヴォーを出荷しようと競 い合っていたものがだんだんエスカレートしていき、ついにはワインとして十分出来上がっていないにもかかわらずワインとして出回るようになってしまったか らである。

2009年のワインは50年に1度の出来と報道された。ただし、「○○年に一度」という評価がなされることが多いのも事実である。ただし、このような評価は第三者の一定の評価基準による評価ではないことに留意すべきである。

また、2009年のボージョレ・ヌヴォーは消費不況や製造・輸送コスト軽減の観点から大手ワイン・ビールメーカーやスーパーマーケット、ディスカウントストアからペットボトル型の商品が相次いで投入され、円高とも重なり、中には1000円を切る激安ボージョレ・ヌヴォーも登場したが] 、ボージョレ・ヌヴォー生産者側は伝統維持や品質保持に問題があることや「ペットボトルの中では(品質は)6カ月以上もたない」として、ペットボトル型商品の販売禁止を検討することを明らかにしている。

ワインの特徴 

独特の製造方法のためにごくわずかながら炭酸ガスを含有するのと、少ない酸とタンニンにより独特の清涼感をも感じさせてくれるワインでもある。しか し、醸造時に果梗との接触時間が長いため、果梗由来の特有の苦みを有する。また、果皮や種から溶出するタンニンや色素が少ない為、色は比較的薄く口当たり の柔らかいワインとなり、長期熟成には向かない。

製法について 

  • 葡萄収穫 → 未破砕のままタンクに入れる → 酵素による細胞内発酵 → その後、破砕、窄汁 → 酵母によるアルコール発酵 → 澱引き(濾過) → タンク貯蔵熟成 → 瓶詰め → 出荷(必要に応じ、二酸化硫黄を添加する)

一般のワインの場合は窄汁した葡萄液を酵母によりアルコール発酵させるのに対し、近代的なマセラシオン・カルボニック(カーボニック・マセレーション)法の場合は除梗と破砕をせず皮ごとボンベ由来の高濃度の二酸化炭素ガスまたは窒素ガス雰囲気(嫌気雰囲気)に果実を置く事から始める。

この嫌気雰囲気下で、細胞内の酵素の作用により 1.5%〜2.5%のアルコールとコハク酸グリセリンなどが生じリンゴ酸は減少し、果汁が自然にしみ出す。細胞内発酵と同時に、果皮は柔らかくなり浸み出した果汁の中では果皮に付着している天然の酵母による発酵と乳酸菌に よるマロラクティック発酵 (Malo-Lactic Fermentation) も進む。しかし、通常の酵母のみによる発酵と比較し、カルボン酸エステル類等のフレーバーの元となる物質は多く失われてしまう。 伝統的手法では、酵母によって半発酵状態となっている窄汁液を二酸化炭素源として使用する。この細胞内発酵の期間は周囲の温度で状態は変動するが、通常は 10日程度で終了する。この後搾汁した液体に酵母を添加し、2〜3日後に発酵を終える。発酵を終えたワインは澱引きされ、瓶に詰められる。

(wikipediaよりお借りしました)

記載のとおりボジョレーについては賛否両論ですね。
「美味しんぼ」の作者はボジョレーは「若いただの流行りのワイン」として、あまり好印象はもってないようですね。

まあマセラシオン・カルボニックは強制的な発酵をさせる特殊な作り方ですしね。

玄人受けはよくないんじゃないですかね。

でも、まあうんちくに流されずに基本おいしいと感じられればいいと思います。ワインの好みとか感じ方は人それぞれですので。辛いのがいれば甘いのがいい人、そして濃厚なものが好きなど。

賛否両論のもので、ただのワインですので興味なかったのdすが、たまには流行り便乗するのも楽しいなと思い、安く出してくれるお店を見つけたので、予約してみました。
ボジョレ・ヴィラージュ楽しみな気分になっています笑。

楽しいイベントにはスかしているより便乗する楽しいですしね。

みなさんもぜひのんでみては?そんな高いものじゃないですしね。





categories
    
過去の内容です
           
archives
others
mobile
qrcode
                
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM